【女子レビュー】305号室のオンナ

305号室のオンナ

 

マンションの管理人である中年男性が「305号室」に仕掛けた隠しカメラを使ってそこに住む人妻「楓」を堕としていく寝取り漫画です。

主人公が巨根&絶倫だったため楓も序盤であっさり堕とされるものだと思っていたら

そうではなくてなかなかしぶとかったのが好印象でした。(*^_^*)

肉体関係は許しながらも主人公を毛嫌いし続ける楓の様子と

そんな彼女をあの手この手で追い込んでいって

遂に完堕ちさせるまでのやりとりが面白かったです。

長く抵抗し続けてくれただけに最後の彼女の姿により一層の興奮を覚えましたよ。

寝取りモノが好きな人にはお勧めの作品だと思います。

(*˘︶˘*).。.:*♡

 

「305号室のオンナ」のあらすじを紹介しますね

主人公は元ニートの冴えない中年男性・須郷恭八。

彼はマンションの管理人という仕事を親から与えてもらった際、そこの305号室に隠しカメラを何台も仕掛けていた。

そして、その305号室には必ず女性が住むように決め、自身の性欲のはけ口として利用するようにしていたのだ。

これまで305号室に住んだ女性は必ず須郷の子供を孕まされ、その人生の歯車を狂わされている。

そんな305号室に新しく入居してきたのは「篠原楓」という新妻だった。

須郷は今回も、この女の身体をモノにするべく動き出す――。

 

 

「305号室のオンナ」の感想ネタバレ

須郷は305号室の盗撮映像――

篠原夫婦の夜の営みや、楓の着替えなどを脅迫ネタにして、彼女に身体の関係を迫る。

心底軽蔑した目で須郷を見てくる楓だったが、自分達の痴態をネットに上げられるのは困るため強く拒絶できなかった。

そんな楓に須郷は自慢の巨根を挿入!

今まで何人もの女を啼かせてきた自慢の武器で、楓のあまり使い込まれていないアソコをガンガン責め立てた。

それから毎日のように楓を犯していく須郷だったが、しかし楓はなかなか心までは落ちてくれず……。

 

 

「305号室のオンナ」を読んでみて感じたこと

マンション全域の女性をとっかえひっかえ……という展開にはならず

あくまでも「305号室のオンナ」を攻略する事に集中する物語になっているのが良いですね。

一人のヒロインが堕ちていく様がじっくりと描かれるので、読めば読むほど彼女に愛着が湧いてきます。

また、ヒロインとなる篠原楓が即堕ちせずに

須郷への嫌悪感を長く維持してくれるのも良かったです。

主人公が巨根だと最初の一回で女性がメロメロになる作品もよくありますが

楓はしぶとく抵抗を続けてくれる堕とし甲斐のある女性になっていました。

 

楓の「学生時代はヤンチャしていた」という設定も好きです。

最初は夫の柊希が笑い話として少し話す程度だったのですが

終盤で楓自身が「昔ヤンキーの彼氏がいて肉体関係もあった」と白状する場面があります。

今は教師の妻をやっている女性にそんな過去があると思うと興奮しますね。

(*^_^*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です