305号室のオンナ 第1話 305号室に入居した人妻のマ○コはおれのモノ

305号室のオンナ

305号室のオンナ 第1話のあらすじ

第1話 305号室に入居した人妻のマ○コはおれのモノ

冴えない中年男の須郷恭八は、親からマンションの管理人を任されて生活しています。

彼の楽しみは盗撮しかなく、マンションの部屋に隠しカメラを仕掛けるのでした。

それも305号室に限定しており

自分好みの女性をその部屋に住まわせます。

そして盗撮した動画をネタにして、自分との肉体関係を脅迫するのでした。

 

最初の犠牲者になったのは、子供がいない若夫婦です。

須郷は篠原楓の着替えや夜の営みを盗撮した後、その動画をネタに自分との関係を迫りました。

篠原夫妻の激しい営みを見ていた須郷は、人妻の楓を強引に奪うことに興奮を覚えます。

楓は最初のうちは激しく抵抗し

「キモイ、死んで!」

「おじさんの精子なんかいや!」

と須郷を罵りました。

最初はこれくら抵抗が無いと面白くありません。

そして彼女が今後どう変わるかが見ものです。

(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

305号室のオンナ 第1話のネタバレ感想

305号室にだけ盗撮カメラを仕掛け

狙った女性を住まわせて恥ずかしい映像を盗撮するだけでなく

盗撮映像をネタに脅迫セックスまでする

マンション管理人・須郷恭八の設定にただただ興奮してしまいました。

 

須郷恭八は盗撮映像を見ながら

「むほっ♪もう勃起が抑えきれん」

と言いますが、読者としてももそうでした。

そして、今回のターゲットになった篠原楓という

巨乳で23歳という若さの女性がすごく可愛いです。

 

 

須郷恭八は盗聴器が仕掛けられているからと305号室に入り込み、本性を現します。

「305号室に入居した時点で…てめぇのマンコはおれのモノなんですわ」

ハッキリいってこれ以上ない悪党な主人公ですが

須郷さん頑張れと応援したくなりました!

 

305号室のオンナ 第2話 膣内出し動画で脅していいなりフ○ラチオ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です