305号室のオンナ完全解説~BookLive!コミックで無料試し読み

 

快楽の虜となってしまう楓

とにかく楽しみながら読める作品でした!

 

少し寝取られ要素があるのですが・・・

 

旦那の存在感が薄すぎて

 

NTR(寝取られ)作品で嫌な気分になる人も

 

本作に関しては全く不快感はありません。

(*^_^*)

 

 

 

まず!絵が綺麗で全話オールカラーで見応えがあります。

ヒロインの楓が可愛いくてスタイル抜群!

一方管理人が気持ち悪くてそのギャップが

更に興奮させられる作品です。(*^_^*)

また、楓のおっぱいの揺れ具合の描き方はとても見ごたえがあります。

 

 

305号室のオンナのあらすじ

マンションの管理人である中年男性が

「305号室」に隠しカメラを仕掛け

そこに住む人妻「楓」を堕としていく寝取り漫画です。

 

管理人は、その305号室には必ず女性が住むように決め

自身の性欲のはけ口として利用するようにしていたのです。

これまで305号室に住んだ女性は必ず須郷の子供を孕まされ

その人生の歯車を狂わされている・・・

そんな305号室に新しく入居してきたのは

 

「篠原楓」という新妻でした。

 

 

管理人須郷は今回も、この女の身体をモノにするべく動き出すのです!!

(*˘︶˘*).。.:*♡

 


 

 

305号室のオンナを全話読んだ感想

率直な感想として

鳥肌が立つほど興奮した作品でした!

 

あまい惑星さんの作品は

実は初めて読んだのですが衝撃的でした。

最終的には、快楽の虜となってしまう楓ですが

 

ただの痴女にさせない

最後の最後まで旦那のことを愛している心情描写など

今までにない展開で新鮮でした。(*^_^*)

 

また、305号室のオンナの最大の魅力は

様々なエロプレイシーンがあることです。

フェラから始まり、立ちバック、寝ている夫の隣でのファックなど・・・

マンション窓口での机の下ファックは

個人的に一番オススメしたいシーンです!

 

 


 

 

1話  ~あらすじ感想~

親から「マンションの管理人」という仕事を与えてもらった

小汚い中年男性・須郷恭八が

そのマンション内の「305号室」にだけ隠しカメラを仕掛けて

レイプしたくなるような自分好みの女性をそこに住まわせて

盗撮・脅迫していくというこの漫画です。

 

 

第1話はヒロインとなる「篠原楓」の

着替えや夫とのセッ○スを盗撮した後

それをネタに脅してレ○プに成功するところまでが描かれました。

篠原夫婦は子供のいない若い夫婦とあって性生活も充実していましたね。

(*˘︶˘*).。.:*♡

 

人妻相手の寝取りモノって

「夫に相手をしてもらえなくて欲求不満」

みたいな設定もよくありますけど

普通に夫に抱かれている女性の身体を強引に

奪うというのはまた違った興奮があります。

 

また楓が逆らえないとは分かって体を許しつつも、

「キモい! もう死んで!」とか「やだ!オジサンの精子なんてぇえ!」

といった風にしっかりと嫌がってみせるのも良かったです。

ヒロインがどう変わっていくのかも

こういった作品の見どころの一つなので

最初はやっぱりこれくらい

抵抗を持っているのがいいですよね。

(^^♪

 

 

2話  ~あらすじ感想~

楓を初レ○プしたその日の内に

二度目の行為に及ぼうとする須郷。

 

第1話の中出しレ○プ映像を上手く加工して

合意セッ○スのようにしてしまい

それを使って楓を管理人室呼び出し

フェ○チオを強要です。

 

女性の側からすると恐ろしい積極さですね!

「どうしてこんな、オヤジのチンポなんか…」と

言いながらもしっかりと射精まで導いて

見せたのはさすが人妻ですね。

 

今回は途中で楓の夫・柊希が管理人室の窓口までやってきて少し会話するのですが

そこでの須郷との会話が面白かったです。

須郷の「お古参の予定は?」という質問に

「近い内に」と答えた夫は

それに続けて「生徒の時はヤンチャな妻でしたが…

ちゃんと避妊の良識ある子なんです」

と自分たちの関係や楓の過去を話してしまいます。

 

 

恩師と結婚するヤンチャ娘というのは

今の人妻姿とはギャップがあっていいですね。

後で須郷に問い詰められた楓が

「…べつにそんな、エッチとかしてないし」

と弁明していましたが、それも本当なのかどうか……。

\(^o^)/

 

3話  ~あらすじ感想~

第2話から数日が経っていますが

その間も楓を抱き続けたらしい中年巨根親父の須郷。

今回は空いている306号室に楓を連れ込んで

夫がいる305号室と壁一枚を挟んだ場所で

激しく後背位セッ○スに及びました。

 

そんな大胆な策に出たのは数日かけても

楓の心が快楽に堕ちなかったからなのですが

しかし今回はそんな楓にも変化が見られましたね。

須郷に「大きな声で『チンポ気持ちいい』

って言ったら抜いてあげましょう」と言われた彼女は

そんなの嘘だと疑いつつも

 

「チンポ気持ちいいチンポ気持ちいいチンポぎもぢいぃいいいいいいいッ!!」

と叫んでしまいました。

そして本人曰く「イキ狂ってしまった」ようです!

前回は「こんなデカイだけの…」

とか

「もういや…死にたい」

とか否定的な事ばかり言っていましたが

それはそれとして身体はしっかり感じてしまっていたみたいですね。

 

段々と心が弱って、快楽に流されやすくなってきた楓。

ここからどんな風に堕ちていくのか楽しみです。


 

 

4話  ~あらすじ感想~

第4話は対面座位でしっかり抱きしめ合い

さらにキスしながらの中出しセッ○スという恋人同士ようなシチュエーション!

しかし楓はレ○プされているだけで

場所もそんな楓と柊希が普段寝ている夫婦の寝室という背徳的な状況でした。

なので楓もやっぱり最初は反抗的で

須郷の「女は所詮男のためのオナホでしかねぇんだよ!」

 

という言葉に対して

「そっちだってチンポしか使えないでくの坊のくせにぃいい!」

と言い返すような場面が見られました。

この気の強さは凌辱対象としてはとても魅力的ですよね。

その方が攻略のし甲斐がありますから。

 

また

「…とー君のじゃなきゃ、生理的にムリ…」

なんて言いつつも

最後には須藤のチンポのいいところを聞かれると一変。

「チンポ、チンポぉ…! 硬くで大きくてぇえ! 精液も豊富でそれからぁ――」

とスラスラ答えてしまっているのが可愛かったです。

 

 

5話  ~あらすじ感想~

楓を犯しつつ柊希との交友関係も地道に築いていた須郷は

彼に招待される形で夫婦の夕食にお邪魔します。

そして食事中の楓に

こっそりとローターを挿入させて遊んでみたり

ソファーで眠り始めた夫のすぐ横で楓を

レ○プして見たりとやりたい放題。

しかも後者は楓に裸エプロンを着せてのセッ○スです!

 

バックから激しく突かれながら

「パンパンしないでぇぇっ! パンパンで起きちゃうってばぁ!」

と嫌がる楓。

 

ところが夫の

「愛してるよ、楓」

という寝言を聞きながら彼女が心の中で思ったのは

「ごめんなさいあなた…! 私は今…イキたいの!」

という快楽への欲望でした。

 

そして最後は

「ザーメン欲しいのぉおおッ!! にゃかだしぃいい! 子宮いっぱいに汚してぇぇえええッ!!」

叫んで中出しをおねだり!

満足した須郷が立ち去った後、楓は

「ごめんなさい、ダメな妻を許して…。

わたし、本音で…中に出してって思っちゃったの…」

と寝ている夫の背中に懺悔します。

 

来る日も来る日も須郷の巨根に犯されて

とうとう楓の心と身体も限界に近付きつつあるようですね。

しかしここまで頑張ってきたわけですから

変な話ですけど楓と須郷のどちらにも頑張ってもらいたい気持ちです。

(*˘︶˘*).。.:*♡

 

6話  ~あらすじ感想~

生理周期に変化が見られて

須郷の子供を妊娠させられるのがいよいよ現実味を帯びてきた楓。

だからといって須郷から逃げられない彼女は

ここで夫に抱かれる事で証拠隠滅を図ろうとします。

「世の中の大半は別の男に抱かれても違う男と子作り。

私だけが汚れているわけじゃないよね」

 

なんて自分に言い訳する姿に彼女の心の黒い部分が見えた気もしますが

その後の夫とのセッ○スで

「ナマで入れるのは私も初めてで…でも赤ちゃんのためにがんばろうね」

という白々しさも怖いですね。

あんなにナマでたくさんエッチしてるのに!

そして夫の上にまたがって腰を振りながら

須郷の巨根と比べて内心ずっと物足りなさを

覚えていたのがいやらしかったです。

やっぱり愛する夫に抱かれているので

須郷に犯されている時と違って今回の楓はとても可愛らしく見えます。

個人的にはこっちの楓の方が好きですね。

 

しかし楓の方は夫とのセッ○スに全然満足していないようでした。

このすれ違いが最終話でどんな風に効いてくるのか楽しみです。

 

 

7話  ~あらすじ感想~

いよいよ最終話!

夫との子作りはあれから数日に渡って続けたものの

楓はその間一度も満足できなかったようです。

そこで須郷がまた

「旦那の汚い精子入りマンコなんかいりません。もう解放してあげますよ」

と言って楓を突き放す素振りを見せるのが上手かったですね。

それを電話で告げられた楓はすぐさま管理人室に向かって

須郷に抱かれようとしてしまうのですから。

あれだけ須郷に抵抗してきた楓も遂に完堕ちです。

 

「カチカチぃ、皮がズル剥けの、あぁ、大人チンポ…私はこのチンポに恋、しちゃったの…」

とうっとりした顔で須郷の挿入を待つ楓の顔はとてもいやらしかったです。

そこからも淫語を連発し、最後は

「お願い、捨てないで…」

と縋りつくまでになってしまいました。

ここまで手間も時間もかかっただけに楓の子の姿には感慨深くなりますね。

また地味に気になったのが

「昔付き合ったヤンキーのカレより全然気持ちよくてもうおまんこ病みつきなのぉお!」

という告白。

昔ヤンチャしていたという話はありましたが

やっぱり夫に抱かれる前にけっこう遊んでいそうですよね。(笑)

 

それならナマでするのも須郷が最初ではなかったんだろうな

とかまた色々と妄想して楽しめます。

 


305号室のオンナ

 

 

最後まで読んでみて良くなっかった点

絵が綺麗で、ヒロインの新妻(楓)魅力的で

エッチシーンも濃厚でお気に入りです。

ただ、楓の夫が管理人を食事に招いたり

元教え子である妻(楓)が昔ちょっと悪さをしていたなど

いらない情報を管理人須郷にベラベラ話すシーンに

少しイラッとしました。

 

ワタシ的には、楓は元ヤンキー設定ではなく

清楚系な美女設定が良かったのですが・・・

 

 

「305号室のオンナ」の無料試し読み方法

電子書籍サイト「BookLiveコミック」で

本編及び無料試し読みが出来ます。

 

無料試し読みは登録する必要はなく下記の手順でスグに読めるので

もし購入を検討しているようでしたら無料試し読みはオススメです!!

 

BookLiveコミックのトップページにある検索窓に

「305」と入力します。

漫画タイトル全て入れなくて出てきます。

 

 

すると一覧の中に

「305号室のオンナ」が出てきますので選択します。

 

あとは、無料試し読みのボタンを

押せばスグ読むことが出来ます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です